B.LEAGUE公認ソフトバンクショップ
全店でオープニングイベント開催

2018年08月26日



 DSC00510

 B1とB2の全36チームの情報発信拠点ともなる、“B.LEAGUE公認ソフトバンクショップ”180店舗が先日(8月23日)オープンしたのは既報の通り。

 公認ショップ一覧https://cf.sports.mb.softbank.jp/basketball/bstamp/officialshop/

 オープン後、最初の週末となる8月25日と26日には、公認ショップにB.LEAGUE選手がやってくる、公認ショップオープン記念イベントが全国各店で開催された。

 川崎ブレイブサンダースは26日正午過ぎに“ソフトバンクグランツリー武蔵小杉”でイベントを実施。藤井祐眞、林翔太郎、青木保憲の3選手が参加し、80組を超えるファンからの質問コーナーや3選手のサインがもらえるじゃんけん大会、写真撮影会を行って、ファンとの交流を楽しんだ。

 質問コーナーでは子供からの、「アピールポイントを教えてください」や「いちばん好きな選手は誰ですか?」などの質問に3選手がタジタジとなる場面も。ちなみに藤井選手のアピールポイントは「子供心を忘れない」、林選手は「人見知りをしないので、誰とでも仲良くなれる」、青木選手は「筋肉」となぜかバスケットボールを離れた回答で、ファンの笑いを誘っていた。

 公認ショップでは、今後もこうした選手が参加するイベントが行われる予定だ。また、“B.LEAGUEスタンプ”を集めて、各クラブの試合スケジュールが入ったカレンダーがもらえたり、オールスターゲームのペア観戦チケットや選手のサイン入りボールなど豪華賞品が当たる抽選に参加できるキャンペーンも実施されている。