序盤の劣勢を挽回できず
日本、ワールドカップを黒星スタート

2019年09月01日



文:hangtime編集部/写真:ⒸFIBA.com

トルコ戦 八村001

日本 67 (12‐28, 23‐19, 14‐20, 18‐19) 86 トルコ
 8月31日に開幕した「FIBA ワールドカップ 2019」(中国)。日本は大会2日目(9/1)に初戦を迎え、FIBAランキング17位のトルコと対戦した。現地からは、「エース・八村塁が発熱により午前の練習を回避」という心配なニュースが届いて心配されたが、篠山竜青、比江島慎、渡邊雄太、ニック・ファジーカスとともにスタメンに名を連ねた。

 1Q、最初のジャンプボールは八村が勝ち、この試合最初のシュートを渡邊が打つもネットを揺らすことはできなかった。初得点はトルコ。その後、比江島、篠山のターンオーバーから失点するなど0‐6とリードを許してしまう。日本は比江島のパスを受けたファジーカスの3Pシュートで初得点したが、その後2分間ノーゴール。再びファジーカスがレイアップを決めるまでに、トルコに7点を奪われ、5-13とリードが広がった。それから日本が積み重ねた得点は篠山の3Pシュートなどの7点のみ。一方のトルコは高確率のシュートを次々に決めて15点を上乗せし、12‐28と日本は苦しい立ち上がりとなった。

トルコ戦 ファジーカス001

 2Qに入ってもトルコのペース。落ち着いたボールを回しでノーマークを作り、正確なアウトサイドシュートを決めていく。落ちてもリバウンドをしっかり奪取するなど、着々と加点した。頼みの八村が徹底マークに合い、なかなか打開できない日本はポイントガードを田中大貴に代え、何とか点差を詰めようと粘りを見せた。序盤の劣勢を挽回し、落ち着きを取り戻した日本はこのクォーターを23‐19とリードし、前半を35‐47で終えた。

トルコ戦 田中001

 何とか1ケタ得点差に詰め、終盤勝負に持ち込みたい日本。ディフェンスに変化を付けてトルコのシュートミスを誘う。ただ、日本もなかなか連続得点が奪えず、点差は縮まらないまま。すると日本のディフェンスにアジャストしたのか、地力に勝るトルコがギアを上げた。ファジーカスがレイアップを決め、40‐52となった後は11点のランで40‐63とリードを広げる。シュートミスが目立つ日本は追いすがることができず、46‐67で最終クォーターへ。

 最終クォーターは渡邊、田中、馬場らが思い切りの良いプレーで反撃を試みる日本。ところがシュートの精度は上がらず苦しいまま。終始、落ち着いたプレーで主導権を握るトルコに対し、八村が思うようなプレーをさせてもらえなかった日本は67‐87で敗れた。

トルコ戦 馬場001

 「立ち上がりに若さが出てしまった。相手が一枚も二枚も上手だった」という渡邊のコメントがすべてを物語っている。

 「オフェンスやディフェンス、リバウンドでも相手がフィジカルにプレーして我々が抑えられてしまったし、それを打開することもできないまま終わってしまった」と、フリオ・ラマスヘッドコーチはふり返った。中一日で、目標である“ヨーロッパ勢から勝利する”という次のターゲット、チェコ戦が控えている。ラマスHCは「フィジカルな相手でも耐えられるチームにならなければならない。そこを改善して戦いたい。チェコ戦にはしっかり準備をして、良い内容で終わりたい」と続けた。

トルコ戦 渡邊001

 そして、田中は「自分たちは何も失うものがないんだから、もっとチャレンジしていかないと。タフショットを決められたのは仕方ないが、走られたり、オフェンスリバウンドを簡単に取らたりするのはチームのルール上ダメ。もっとファイトしないといけない」と語気を強めた。この言葉が、選手やスタッフはもちろん、ファンの気持ちを表現している。チェコ戦で、今度こそ貴重な勝利を見届けたい。