ジャパンドリームチーム、
ワールドカップへ向け始動

2019年07月31日



文と写真:hangtime編集部

集合001

 7月30日、中国で開催される「FIBA ワールドカップ 2019」(8/31~9/6)に出場する男子日本代表チームの候補選手が発表された。チームを率いるフリオ・ラマスヘッドコーチから名前が読み上げられ、ステージに並んだのは16名の選手たち。残念ながらケガによる離脱が伝えられていた富樫勇樹の名前はなかったものの、渡邊雄太、八村塁、ニック・ファジーカスが初めて顔を揃えた。選手発表の前、東野智弥JBA 協会技術委員会委員長が、「ジャパンドリームチームを発表できることを大変嬉しく思っています」と挨拶した通り、史上最強の日本代表が誕生する。

ラマス001

 その後の記者会見でメンバーについて聞かれたラマスHCは、「16名のリストに関してはとても満足しています。富樫選手のケガはとても残念ですが、ワールドカップに向けたチームづくりを行う上でベストメンバーを選んだと思っています」と自信を見せた。富樫不在のポイントガードについては、「これからの準備期間で練習を重ね、その中でどういう起用法が良いのか考えていきます」としつつも、田中大貴への期待をコメント。サイズのあるヨーロッパ勢との戦いでは、積極的に田中をPGとして起用する準備を進めているようだ。

田中001
 というのも、ラマスHCが度々口にする、「ヨーロッパ勢から初の1勝」という、ワールドカップでの目標があるから。予選リーグではトルコ、チェコとの対戦で自信をつけ、強敵アメリカとの対戦に臨むという明確なテーマがある。

 渡邊雄太、八村塁の「海外組」に、帰化選手のニック・ファジーカスを加えた『ビッグ3』。そこに今夏、NBAサマーリーグに参戦した比江島慎、馬場雄大を始めとするBリーガーたちの力が融合する日本代表が果たしてどんなプレーを見せてくれるのか今から待ち遠しい。

渡邊001

 バスケファンの大きな期待を受け止めてプレーする若手の渡邊と八村だが、その言葉にはまったく気負いは感じられない。

 「日本代表としてプレーできることを誇りに思います。中心選手としてチームを引っ張っていくこと、リーダーの一人としてやっていかなければなければという自覚もあります。試合では、自分も活躍しなければ、世界の強豪国相手に勝つことはできないと思っていますから、すべての面で日本代表のためにプレーしたいと思っています」(渡邊)。

 「アメリカで自分の長所をいろいろ見つけてきましたから、オフェンスでもディフェンスでも、リバウンドでもチームを助けられたらと思います。(トップカテゴリーの)代表ユニフォームを着るというのは重みも違いますし、日本を背負っているという実感が湧いてきます。東京オリンピックのことより、まずはワールドカップに集中したいと思います」(八村)。

 Bリーガーでは、自身の起用法についてラマスHCと直接話をしているという田中が、現時点では候補選手という全員の立場を理解した上でこう決意を語った。

 「ラマスHCが考えることは何でもやりたいですし、チームに貢献したい。やるからには高いレベルでプレーできるようにしたいと思っています。これからみんなで競争し合って、切磋琢磨して良い準備をしていければと思っています」。

八村001

 この日の日本代表候補選手たちは大忙し。発表記者会見の後はワールドカップを中継するフジテレビの本社で行われた壮行会、「ワールドカップ2019壮行会inお台場」に登場すると、夜には「“Challenge to the World”日本一丸 Tip Off Party」(JBA主催)のトークセッション等に参加した。翌日(7/31)からの強化合宿を経て「JAPAN MADNESS」と称する国際強化試合を行い、その後ワールドカップ本番を迎える。

FIBAワールドカップ2019」 日本代表候補選手
【スタッフ】
ヘッドコーチ:フリオ・ラマス(公益財団法人日本バスケットボール協会※JBA)
Aコーチ:エルマン・マンドーレ(JBA)
Aコーチ:佐古 賢一(JBA)
【選手】
#3  安藤 誓哉(PG / アルバルク東京)
#4  太田 敦也(C / 三遠ネオフェニックス)
#6  比江島 慎(SG / 宇都宮ブレックス)
#7  篠山 竜青(PG / 川崎ブレイブサンダース)
#8  八村 塁(SF / ワシントン ウィザーズ)
#9  ベンドラメ 礼生(PG / サンロッカーズ渋谷)
#10 竹内 公輔(PF / 宇都宮ブレックス)
#12 渡邊 雄太(SF / メンフィス グリズリーズ)
#13 安藤 周人(SG / 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)
#15 竹内 譲次(PF / アルバルク東京)
#18 馬場 雄大(SF / アルバルク東京)
#22 ニック・ファジーカス(C / 川崎ブレイブサンダース)
#24 田中 大貴(SG / アルバルク東京)
#32 シェーファー アヴィ 幸樹(C / アルバルク東京)
#34 渡邉 飛勇(PF / ポートランド大学 2年)
#88 張本 天傑(SF / 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)
※所属は2019年7月29日現在

バスケットボール日本代表国際試合
=千葉会場=
2019年8月12日(月)男子日本代表 vs ニュージーランド
=埼玉会場=
2019年8月22日(木)男子日本代表 vs アルゼンチン
2019年8月23日(金)ドイツ vs チュニジア
2019年8月24日(土)男子日本代表 vs ドイツ
2019年8月24日(土)女子日本代表 vs チャイニーズ・タイペイ
2019年8月25日(日)男子日本代表 vs チュニジア
2019年8月25日(日)女子日本代表 vs チャイニーズ・タイペイ
※バスケットボール女子日本代表国際強化試合2019 三井不動産カップ同時開催