女子日本代表、狙うは“アジア4連覇”
そして、2020年東京オリンピックへ

2019年07月18日



hangtime編集部/写真提供(ベルギー戦):日本バスケットボール協会

IMG_1683

 4月25日、2019年度の女子日本代表チームの活動開始記者会見が行われた。その際披露されたスローガンは以下の通り。

『Out Work, Out think, Out Play(鍛え、考え、戦い抜く)』
『Run as One(一丸となって走る)』
『Relentless(絶え間なく動く)』

 その後強化合宿を重ねながら、スローガンに則ったチームづくりが着々と進行している。第4次強化合宿(5/20~6/3)ではベルギー代表との「国際強化試合2019 三井不動産カップ(水戸大会)」(@アダストリアみとアリーナ)が開催され、見事連勝を飾った。

【女子日本代表国際強化試合2019 三井不動産カップ(水戸大会)】
5月31日:日本 91‐75 ベルギー
6月2日:日本 84‐71 ベルギー

TS2_0140

 7月1日からは第5次強化合宿がスタートし、13日から始まった第6次強化合宿からは渡嘉敷来夢も合流した。2016年のリオデジャネイロオリンピック以降、本格的な代表復帰となるが、コートに立てばやはり存在感は抜群。新しいチームメイトとも積極的にコミュニケーションを取り、チームの牽引役となっている。

 渡嘉敷について、以前との違いを聞かれたトム・ホーバスヘッドコーチは、「彼女は経験があります。無駄な動きはないですし、ドライブなどのタイミングも良い。(このチームでは当たり前ですが)3Pシュートも打てるようになりました。彼女は明るいし、雰囲気が変わります」と、全幅の信頼を寄せている。

IMG_1720 (2)

 その渡嘉敷は「お久しぶりで~す」と笑顔で囲み取材に対応。「フォーメーションを覚えるのも大変です」と言いつつも、何を求められているのか、どんな貢献ができるかは十分に理解している様子だ。「今は(代表の一員として)コートに立てて幸せです」というコメントに素直な喜びと、モチベーションの高まりを感じることができた。

 今年の女子日本代表は、4連覇がかかる「FIBA 女子アジアカップ 2019」が大きなターゲットとなる。その後は「FIBA 女子オリンピック・プレクォリファイイング トーナメント2019」(11/10~18※開催国未定)、「FIBA 女子オリンピック・クォリファイイング トーナメント2020」(2020/2/2~2/10※開催国未定)を経て、来年の東京オリンピックでメダル獲得に挑む。

【FIBA 女子アジアカップ 2019】
日程:2019年9月24日(火)~29日(日)
開催地:インド・バンガロール
出場国:日本、オーストラリア、中国、韓国、チャイニーズ・タイペイ、インド、フィリピン、ニュージーランド

 ホーバスHCは活動開始記者会見(4/25)でこうコメントしている。
 「私たちの目標は2020年東京オリンピックでの金メダル獲得で、この目標は以前から変わっていません。高い目標を持つことは、自分たちが成長する上で重要なことだと思っていますし、スタッフも選手もとても自信があります。しっかり練習を重ね、参加する一つひとつの大会で、応援してくださる日本の皆さまに良いバスケットボールをお見せしたいと思います」

 この一年は国内のWリーグも含め、目が離せない女子バスケットボール。着実な成長を遂げている女子日本代表を間近で応援する機会があるので、ぜひ会場(さいたまスーパーアリーナ)へ足を運んでいただきたい。8月下旬に開催される「国際強化試合2019 三井不動産カップ(埼玉大会)」で、チャイニーズ・タイペイと対戦する。

【女子日本代表国際強化試合2019 三井不動産カップ(埼玉大会)】
第1戦:2019年8月24日(土) 18:30 TIPOFF
第2戦:2019年8月25日 (日) 18:30 TIPOFF
会場:さいたまスーパーアリーナ

IMG_1653

=第6次強化合宿=
※2019年7月13日 (土) ~ 19日(金)
ヘッドコーチ トム・ホーバス(公益財団法人日本バスケットボール協会)
アシスタントコーチ 恩塚 亨(東京医療保健大学)
アシスタントコーチ 知花 武彦(トヨタ紡織サンシャインラビッツ)
【選手】
髙田 真希(PF/デンソー アイリス)
渡嘉敷 来夢(PF/JX-ENEOSサンフラワーズ)
本川 紗奈生(SG/シャンソン化粧品 シャンソンVマジック)
町田 瑠唯(PG/富士通 レッドウェーブ)
宮澤 夕貴(SF/JX-ENEOSサンフラワーズ)
谷村 里佳(PF/シャンソン化粧品 シャンソンVマジック)
本橋 菜子(PG/東京羽田ヴィッキーズ)
三好 南穂(PG/トヨタ自動車 アンテロープス)
長岡 萌映子(SF/トヨタ自動車 アンテロープス)
藤岡 麻菜美(PG/JX-ENEOSサンフラワーズ)
林 咲希(SG/JX-ENEOSサンフラワーズ)
馬瓜 エブリン(SG/トヨタ自動車 アンテロープス)
佐藤 奈々美(SG/トヨタ紡織 サンシャインラビッツ)
梅沢 カディシャ樹奈(C/JX-ENEOSサンフラワーズ)
赤穂 ひまわり(SG/デンソー アイリス)
馬瓜 ステファニー(SF/トヨタ自動車 アンテロープス)
オコエ 桃仁花(PF/富士通 レッドウェーブ)
※所属は2019年6月13日現在。