B.LEAGUE ALL-STAR GAME 2021
開催中止が発表される

2021年01月10日



文:川西祐介/ロゴ:B.LEAGUE

logo

 Bリーグは19日、「B.LEAGUE ALL-STAR GAME 2021 IN MITO」の中止を発表した。8日時点では茨城県と水戸市と確認の上、開催を決定したものの、9日に水戸市より中止の要請があり、中止の決定となった。

 水戸市からの要請内容は下記の通りで、これらを理由に中止が要請されたという。
・県外から多数の来場者が見込まれること。
・市内の新規陽性者数が著しく増加している状況であること。
202118日より水戸市が茨城県の「感染拡大市町村」に指定されたこと。

 さらに、今回の決定にあたって、島田慎二チェアマンは以下のようにコメントした。

 この度、B.LEAGUE ALL-STAR GAME 2021 IN MITOの中止を決定いたしました。

 昨日(8日)開催決定を発表しておきながら翌日(9日)に開催を中止することになり、大会を楽しみにしてくださったファンの皆さま、大会開催にむけてご協力いただいた選手、クラブ、茨城県バスケットボール協会、テープルオフィシャル、審判、ボランティアすべての皆さまには、混乱させてしまいましたこと、お詫び申し上げます。

 オールスター開催に向けて、水戸市とホームクラブの茨城ロボッツと新型コロナウイルス感染拡大防止を最重要案件としながら、何度も会議を重ね、ご来場いただく皆さまには、少しでも新型コロナウイルス感染症のことを忘れ、純粋に楽しんでいただきたいという思いをもって進めてまいりました。

 昨日も開催については、茨城県、水戸市と協議をさせていただきましたが、リーグのスタンスは、政府や自治体の要求、要請に従って開催方針を決定することであり、我々の決定は今後のリーグ戦の開催にも大きな影響があることから、中止についての要請を受けていない以上、開催をするという判断をいたしました。

 しかし、本日、水戸市から中止要請が正式に出されましたので、決定をすぐに覆すことになりますが、即座に中止を判断した次第です。

 開催については多くの方から賛否ご意見をいただいておりますが、以前より公表しておりますとおり、「全試合日程の催行」は強い意志を持ってこれまでリーグ運営を行ってまいりました。昨今の一都三県の緊急 いたさまいては、何卒皆さまのご理解をいたきたく、お願い申しあげます。

 最後になりますが、茨城県関係者の皆さま、水戸市関係者の皆さま、茨城ロボッツの皆さま、本日まで、開催に向けて多大なるご尽力いただきました。誠にありがとうございました。

 以上が島田チェアマンのコメント。

 なおチケットは払い戻しを実施予定で、払い戻し方法の詳細は、確定次第あらためてBリーグより発表される。

 また、10日の会見で、水戸でのオールスター開催については、来年は沖縄での開催が決まっているため、2023年開催の候補地として、茨城ロボッツと水戸市より立候補があれば、前向きに検討したいと、島田チェアマンよりコメントがあった。

 さらに、今回の中止の決定は、オールスターという特性上、県外からの来場者が多いことが、中止要請の理由のひとつにあったためで、茨城のホームゲームは、Bリーグのガイドラインを遵守しながら、今後も行われることもあわせて発表された。