B1、B2 2019-20シーズン
今後の全試合中止が決定

2020年03月27日



画像:B.LEAGUE

ロゴマニュアル-3

 B.LEAGUEは、本日実施された臨時理事会でB1とB2の残りのレギュラーシーズンとポストシーズン(B1チャンピオンシップ、B1残留プレーオフ、B2プレーオフ、各入替戦)の中止を決定、発表した。

 リーグはこれまで、試合の延期や無観客試合の実施など、なんとかシーズンを成立させること、それによってファンを楽しませ元気づけること、バスケで日本を盛り上げようとチャレンジしてきた。

 しかし、コロナウイルスの感染拡大の影響は大きく、今回の決断に至った。この決断に至った大きな理由として大河正明チェアマンは、「選手やコーチ、クラブ関係者の心身の健康を最優先に考えました。想像を超える新型コロナウイルスの感染力、その危険性にみんなを晒すわけにはいかないということを重視した結果」と述べた。

 続けて、「本当にリーグの再開を待ち望まれていた多くのファン・ブースターの皆さんの熱い想いを真摯に受け止めつつも、先ほど述べた理由で中止を決定いたしました」と話し、苦渋の決断であったことが感じられた。

 また、合わせて理事会では、今シーズンここまでの消化試合によって、2019-20シーズンの成立も確認された。これによって、現時点でB1・B2の各地区の順位が確定となる。

 B1・B2の昇降格についても発表された。B1残留プレーオフ、B2プレーオフが中止になったことを受け、B1からの降格はなし。B2は、リーグ戦が47試合消化され、順位が確定していることから、現時点での勝率上位2チームが、来シーズンのB1ライセンスを取得できた場合(ライセンスの交付については、4月の理事会で決まる)、昇格となる。したがって、来シーズン(2020-21シーズン)は、B1が20チーム、B2が16チームでの開催となる。

 財務問題について大河チェアマンは、「リーグ、クラブが一体となってこの難局を乗り越えよう。そして選手も契約は残っていますから、B.LEAGUEが2倍、3倍と元気になって復活する日を夢見て、いろんなチャレンジをして、ファン・ブースター、スポンサー、行政というあらゆるステークホルダーの皆さんに少しでも、ご満足いただけるような発信を続けていきたいと思います」とコメントした。