今週末、ロボッツは“3rdユニ”で登場
一般公募のデザインを採用

2019年12月17日



写真提供:株式会社アダストリア

sub6

 今週末(12/21、22)、茨城ロボッツはホームゲーム(@アダストリアみとアリーナ)で愛媛オレンジバイキングスと対戦する。その際着用するのが、選手もファンも楽しみにしている3rdユニフォーム。

 ユニフォームのデザインは、オフィシャルスポンサーであるアダストリアが主催した、『茨城ロボッツ3rdユニフォームデザインコンテスト2019-20』により一般公募され、選手に一番人気だったものが採用されている。

 同コンテストには茨城県内のみならず、日本全国より応募があり、その数は200を超えるほど反響があった。アダストリアのスタッフおよびロボッツの選手たちが参加して1次、2次審査が行われ、その中から選ばれたのが「ブラック迷彩」。

sub4

 カラーは水戸の伝統色「水戸黒」をベースに配し、戦闘服の代名詞とも言える迷彩柄を効果的にあしらった斬新なデザイン。この迷彩のパーツも、よく見れば地図で見る茨城県の形になっていて、郷土愛に溢れている。

 アダストリア創業の地、茨城県に“感謝と応援の気持ち”を込めたという「ブラック迷彩」は、初代の3rdユニフォームからのテイストが上手く引き継がれた仕上がりになっている。

 また、通常のユニフォーム同様、各スポンサー企業のロゴがあしらわれているが、そこは“ロボッツ応援団”が一致団結、水戸黒に映える白に統一された企業ロゴで統一感を表現した。

sub2

 試合当日は、3rdユニフォームを着て愛媛を迎え撃つ選手たちパフォーマンスが楽しみだが、加えて、アダストリアオリジナルTシャツのプレゼント(21日のみ)や、特設フォトブースも設置される。

 アダストリア公式インスタグラムをフォローして、このブースで撮影した写真に、指定のハッシュタグ(#アダストリア、#アダロボ)を付けて投稿すると、ロボッツの選手のサインが入った豪華プレゼントが当たるキャンペーン(開催期間:12月21日~31日)も開催されるので、ぜひアリーナへ!

=プレゼント内容=
①茨城ロボッツ全選手サイン入りバスケットボール ⇒ 1名
②ROBOTS PLAYERS TEE(アダストリアの旗艦ブランド、グローバルワークと選手のコラボTシャツ):福澤晃平、小林大祐、髙橋祐二、平尾至庸、真庭城聖の5選手がデザインし、各自のサイン入り ⇒ 各1名ずつ計5名