東京海上日動ビッグブルー
B3リーグ最後のホームゲーム

2019年03月05日



写真提供:東京海上日動ビッグブルー

243 of 319

 “コート内プロ宣言”を掲げ、2018-19シーズンもB3リーグの一員として活動してきた東京海上日動ビッグブルーの今シーズン限りの退会が発表された。B3リーグはもとより、その前のNBDLやJBL2、あるいはそれ以前の日本リーグにさかのぼっても、「東京海上」の名は刻まれている。退会を知らせるニュースリリースによると「1967年に行われた第一回の日本リーグに参加経験があるクラブでは唯一、2019年の現在も同じ体制で現存するクラブ」とのこと。ちなみに当時は、松下電器、日本鋼管、日本鉱業、八幡製鉄、住友金属、三井生命、大和證券の計8チームで構成されており、優勝は松下電器だった。

 一時、その名が消えたこともあったが、JBL2、NBDL、B3リーグで戦ってきた。“コート内プロ宣言”とは、プロ化(選手の契約やクラブ運営において)が進む中、ビジネスパーソンとして、あくまで通常業務を最優先。しかし、コートに入ればバスケのプロとして勝利を目指すという、プライドとモチベーションを表現したものだ。しかしながら、試合数の増加や他のクラブほどの強化が難しい現状があるのも事実で、さまざま事情により今回の決定に至ったのはやむを得ないのかもしれない。

218 of 319

 B3リーグでの試合としては最後となるホームゲームが今週末に行われる。会場の東京海上日動石神井スポーツセンターは、西武池袋線『石神井公園』駅から徒歩12分。閑静な住宅外を通って行く。都立石神井公園がすぐ隣で、ロケーションは抜群に良い。

 対戦相手は現在1位の東京エクセレンスで、「城北ダービー」は必見。多くのファンに勇姿を見てもらいたい。その後、鹿児島レブナイズとアウェーで対戦し、B3リーグでの戦いは幕を閉じるが、来シーズンからは地域リーグの「関東リーグ」で活動を継続する予定だ。ここも実業団やクラブチームの強豪がひしめき、ファン、ブースターの声援が何よりの力になる。ホームゲームを東京海上日動石神井スポーツセンターで継続することが検討されているが、引き続き公式ホームページをチェックして欲しい。

東京海上日動ビッグブルー 公式サイト ⇒ http://bigblue-tokyo.com/

3月  9日(土) 東京海上日動 vs 東京エクセレンス 13:00試合開始
3月10日(日) 東京海上日動 vs 東京エクセレンス 13:00試合開始
※会場:東京海上日動石神井スポーツセンター