B1開幕直前の大仕事
田中大貴(A東京)MVP!

2018年10月03日



写真提供:アルバルク東京 ©ALVARK TOKYO

20181002_041

 10月4日(木)、千葉ジェッツvs川崎ブレイブサンダースから始まる3シーズン目のB1 2018-19 シーズン。週末にはB1所属の全クラブが登場し、先行してスタートしているB2と合わせて18試合が行われる。今シーズンのB.LEAGUEのテーマは「超」。各クラブともこれまで以上の“スーパー”な戦いぶりを披露してくれそうだ。

20181002_063

 そして、昨シーズンの覇者、アルバルク東京は早くもスーパーな活躍を見せてくれた。開幕直前に行われた『FIBA Asia Champions Cup 2018』(@タイ・ノンタブリー)に日本代表クラブとして出場し、準優勝。エースの田中大貴が大会MVPに輝き、大会ベスト5に田中とアレックス・カークが選出された。

20180929_032

 FIBA(国際バスケットボール連盟)主催の同大会はアジアのクラブNo.1を決めるもので、今回が27回目の開催。日本の他、中国、韓国、フィリピン、チャイニーズ・タイペイ、イラン、レバノン、タイの計8カ国が参加した。なお、日本代表クラブの出場は1996年のいすゞ自動車(準優勝)以来となる。

【FIBA Asia Champions Cup 2018】
※アルバルク東京戦績
[グループフェーズ]
9月27日(木)〇87‐76● Al Riyadi(レバノン:LBL)
9月28日(金)〇84‐73● Meralco Bolts(フィリピン:PBA)
9月29日(土)〇108-100● Mono Vampire Basketball Club(タイ: TBL)
[セミファイナル]
10月1日(月)〇78-54● SK Knights(韓国:KBL)
[ファイナル]
10月2日(火)●64-68○ Petrochimi Bandar Imam BC(イラン:ISL)

20180929_062

 9月27日、A東京は4クラブずつのグループフェーズ初戦に勝利すると、続く連戦も勝利してセミファイナルへ。ここも大差で乗り切り、ファイナル進出を決めた。ファイナルの相手はイラン代表のPetrochimi Bandar Imam BC。1Qこそ16‐8とリードしたものの、2Q、3Qは思うように得点が伸びず、41‐48と逆転されてしまう。4Qは粘りを見せ、あと一歩のところまで迫ったが64‐68のスコアで惜しくも敗れた。

20180929_004

 B.LEAGUEの開幕を直前に控え、6日間で5試合を戦うハードスケジュールで、大会の登録メンバーは10名(ザック・バランスキー、ジャワッド・ウィリアムスは欠場)。さらに日本代表の田中、竹内譲次、馬場雄大の3選手が合流して間もないことを考えれば強行軍と言わざるを得ない。だが、A東京は日頃の厳しい練習で培ったタフなメンタルと、鍛え上げたフィジカルの強さで好成績を残した。ファイナルを終えた後のコメントは以下の通り。

 「まずはイランのチームにおめでとうとございますと伝えたい。今日はハ ードに戦い、最後の最後あと一歩のところまでプレーできましたが及ばなかったです。チームとしてもっともっと成長するには課題がありますが、今後のチームのためには今日の試合は大きな一歩になったと思います」と、ルカ・パヴィチェヴィッチHCのコメントは、いつも通り力強いものだった。

 「後半はしっかり追いかけていったのですが、最後はイランのタフさに負けてしまいました。このトーナメントで学んだこと、今日の負けの悔しさを、リーグ開幕戦にぶつけたいと思います」(安藤誓哉)

 「40分間ハードに、フィジカルで対抗できるよう、強いコンタクトの中でもしっかりとプレーができるように個人の技術を身につけたいです。日本に帰ったらすぐにシーズンが始まりますが、もっともっと個人としてもチームとしても成長していきたいです。6日間で 5 試合というハードなスケジュールの中、選手はしっかり戦ったと思うので、リカバリーをして開幕戦に備 えたいです」(田中大貴)

20181002_018

 開幕前にこれほどハードな日程をこなしたことはないかも知れない。しかし、B.LEAGUE覇者としてのプライドと、アジアNo1の座を賭けて戦った経験は貴重な財産になったはずだ。二度目のB.LEAGUE制覇に向けて気持ちを切り替え、ほんの束の間の休息を終えたA東京の選手たちの「超」に大いに期待したい。

B.LEAGUEオフィシャルサイト ⇒ https://www.bleague.jp

【B1  第1節 / 開幕戦】
10月4日(木)
千葉 vs 川崎 19:05 船橋アリーナ(千葉県船橋市)
10月6日(土)
秋田 vs 琉球   14:05 CNAアリーナ☆あきた(秋田県秋田市)
三遠 vs 京都   14:05 豊橋市総合体育館(愛知県豊橋市)
滋賀 vs 新潟   14:05 ウカルちゃんアリーナ(滋賀県大津市)
北海道 vs 大阪  15:05 北海きたえーる(北海道札幌市)
千葉 vs 川崎   15:05 船橋アリーナ(千葉県船橋市)
A東京 vs SR渋谷 15:05 アリーナ立川立飛(東京都立川市)
名古屋D vs 三河  16:05 ドルフィンズアリーナ(愛知県名古屋市)
富山 vs 横浜   18:05 富山市総合体育館(富山県富山市)
福岡 vs 栃木   18:05 福岡市民体育館(福岡県福岡市)
10月7日(日)
富山 vs 横浜   13:05 富山市総合体育館(富山県富山市)
北海道 vs 大阪  14:05 北海きたえーる(北海道札幌市)
秋田 vs 琉球   14:05 CNAアリーナ☆あきた(秋田県秋田市)
三遠 vs 京都   14:05 豊橋市総合体育館(愛知県豊橋市)
滋賀 vs 新潟   14:05 ウカルちゃんアリーナ(滋賀県大津市)
福岡 vs 栃木   14:05 福岡市民体育館(福岡県福岡市)
A東京 vs SR渋谷  15:05 アリーナ立川立飛(東京都立川市)
名古屋D vs 三河   15:05 ドルフィンズアリーナ(愛知県名古屋市)

【B2 第2節】
10月5日(金)
仙台 vs 西宮   19:00 ゼビオアリーナ(宮城県仙台市)
東京Z vs 群馬    19:00 大田区総合体育館(東京都大田区)
10月6日(土)
仙台 vs 西宮   14:00 ゼビオアリーナ(宮城県仙台市)
東京Z vs 群馬   14:00 大田区総合体育館(東京都大田区)
信州vs 青森   14:00 ことぶきアリーナ千曲(長野県千曲市)
広島 vs 奈良   14:00 広島サンプラザホール(広島県広島市)
FE名古屋 vs 八王子 15:00 名古屋市枇杷島スポーツセンター(愛知県名古屋市)
熊本vs 愛媛   17:00 熊本県立総合体育館(熊本県熊本市)
山形 vs 島根   18:00 山形県総合運動公園 総合体育館(山形県天童市)
茨城vs 金沢   18:00 青柳公園市民体育館(茨城県水戸市)
香川 vs 福島   18:00 高松市総合体育館(香川県高松市)
10月7日(日)
山形 vs 島根   13:00 山形県総合運動公園 総合体育館(山形県天童市)
香川 vs 福島   13:00 高松市総合体育館(香川県高松市)
広島 vs 奈良   13:30 広島サンプラザホール(広島県広島市)
茨城vs 金沢   14:00 青柳公園市民体育館(茨城県水戸市)
信州vs 青森   14:00 ことぶきアリーナ千曲(長野県千曲市)
FE名古屋 vs 八王子 14:00 名古屋市枇杷島スポーツセンター(愛知県名古屋市)
熊本vs 愛媛   14:00 熊本県立総合体育館(熊本県熊本市)