B.LEAGUE EARLY CUP 2018 DAY2
各地で決勝進出チームが名乗り②

2018年09月09日



写真/B.LEAGUE

photo_488901

  7日から各地で始まったEARLY CUP。2日目となる8日には5位決定戦と準決勝が行われ、優勝をかけた決勝に進出するチームが出揃った。

HOKUSHINETSU@ことぶきアリーナ千曲
出場クラブ:信州ブレイブウォリアーズ、金沢武士団、富山グラウジーズ、群馬クレインサンダーズ、新潟アルビレックスBB、レバンガ北海道(欠場)

 準決勝第一試合は、9月6日未明に発生した平成30年北海道胆振東部地震の影響でレバンガ北海道が欠場のため、1回戦で群馬クレインサンダーズをくだした、富山グラウジーズが決勝へ進むことになった。

 準決勝第二試合は、昨年もEARLY CUPでも戦った、信州ブレイブウォリアーズと新潟アルビレックスBBの一戦。信州は新加入の石川海斗が前半だけで3Pシュート4本成功とチームを勢いづかせ、13点リードで折り返す原動力となった。しかし、後半新潟がディフェンスをゾーンに変更すると流れが変わる。最終的に新潟が77-74と昨年の雪辱を果たした。

 群馬クレインサンダーズと金沢武士団の5位決定戦は、レバンガ北海道の欠場にともない、勝利チームが最終日の3位決定戦にまわり、敗戦チームが5位となることに変更された。試合は3点差で始まった4Qに両チームが点の取り合いを演じたが、残り14秒で群馬の古牧昌也が3Pシュートを決めて90-87。群馬が勝利した。

KANSAI@エディオンアリーナ大阪
出場クラブ:大阪エヴェッサ、滋賀レイクスターズ、西宮ストークス、琉球ゴールデンキングス、バンビシャス奈良、ソウル三星サンダース

 準決勝第一試合は、昨年のKANSAI王者琉球ゴールデンキングスに西宮ストークスが挑んだ。2Qに入るとギアを上げた琉球がこのクォーター36点を奪い、51-30と前半終了時点で21点のリード。西宮は前半終了間際に、劣勢でイライラの募ったドゥレイロン・バーンズがアンスポーツマンライクファウルを犯す。それ以前に受けていたテクニカルファールと合わせて退場となったことも響き、琉球のリードは広がる一方となった。結局後半も50得点した琉球が101-53と大差で勝利した。

 準決勝第二試合は大阪エヴェッサと滋賀レイクスターズが対戦。大阪は出戻りの畠山俊樹が起点となり、ボール回しに流れをつくりスムーズなオフェンスを展開。要所でベテラン木下博之が締めるなど流れを滋賀に渡さなかった。滋賀は2Qと4Qにひと桁しか得点を奪えないなど、チームの連携が構築段階にあるようだった。最終スコアは大阪が75-47と、こちらも大差での勝利となった。

 バンビシャス奈良とソウル三星サンダースの5位決定戦は、序盤からアクセル全開のソウル三星に奈良がついていけず、前半で30点差がついた。後半奈良も巻き返したものの、ソウル三星をとらえることはできず、79-98で奈良の最下位が決まった。

NISHINIHON@松江市総合体育館
出場クラブ:島根スサノオマジック、愛媛オレンジバイキングス、香川ファイブアローズ、熊本ヴォルターズ、広島ドラゴンフライズ、ライジングゼファー福岡

  準決勝第一試合は愛媛オレンジバイキングスとB1チームとなったライジングゼファー福岡の一戦。愛媛は昨シーズンから指揮を執るリチャード・グレスマンHC仕込みのリズムの良いバスケットで試合をリードする。対する福岡はゾーンディフェンスやゾーンプレスを仕掛けて点差をつめ、試合残り1分14秒で小林大祐のスティールからの速攻レイアップで2点差まで迫る。が、追撃はここまで、愛媛が80-76でB1クラブを破った。

 熊本ヴォルターズと香川ファイブアローズの準決勝第二試合は、1Qを熊本がリードして終えるが、2Qは香川が追い上げをみせ、残り4秒で安部瑞基がファストブレイクを決めて逆転、いい形でハーフタイムへ。しかし、3Q開始早々、熊本はジョシュ・ドゥインカーが連続でゴールを決めて再逆転すると、以降は一度もリードを譲ることなく、4Qも新加入の俊野佳彦が7点をあげるなど活躍し、82-73で勝利、愛媛が待つ決勝へと進んだ。

 島根スサノオマジックと広島ドラゴンフライズの5位決定戦は、ロスコ・アレンが欠場し、試合を通して外国籍選手の出場がなかった島根を、坂本レオとエリック・トンプソンの広島インサイド陣が粉砕。ペイント内スコア(38-20)、リバウンド(54-26)と暴れまわり、広島が80-55で勝利した。