“Can’t Wait”
世界をめざせ! Wリーグ開幕

2017年10月05日



写真:WJBL

171002_33

 2017年10月2日、都内のホテルで『第19回Wリーグ開幕記者会見』が行われた。冒頭のあいさつで斎藤聖美WJBL(一般社団法人バスケットボール女子日本リーグ機構)会長は、「FIBA 女子アジアカップで3連覇、ユニバーシアード大会では50年ぶりの銀メダル獲得、FIBA U19ワールドカップも4位入賞と、女子の日本代表は素晴らしい結果を出しました。それはWリーグという下支えがあってのこと。今後もJBA(公益財団法人日本バスケットボール協会)との協働により強化を進めます」と力強くコメントした。Wリーグのロスターを見れば、女子日本代表の強化が着実に成果を上げているのは一目瞭然であり、この3大会で活躍した選手たちが、今度は母体チームに戻って切磋琢磨する。

 9月下旬、都内で開催された『FIBA女子アジアカップ2017 優勝祝賀会』において、トム・ホーバス女子日本代表ヘッドコーチはこう宣言した。「来年のワールドカップでメダルを獲ります。2020年の東京オリンピックは金メダルが目標です」──その実現に向けた新たな一歩、「第19回Wリーグ」がいよいよ開幕する。ここでの成果が日本代表チームにとっても、選手1人1人にとっても極めて重要となる。

171002_35

JX-ENEOS 10連覇達成なるか
 優勝争いの主役は間違いなくJX-ENEOS。キャプテン吉田亜沙美を中心に、藤岡麻菜美、大崎佑佳、宮澤夕貴に渡嘉敷来夢……これだけでも他を圧倒する布陣だが、そこに林 咲希(ユニバ代表)、梅沢カディシャ樹奈(U19代表)が加入した。ベンチメンバーも経験豊富で、昨シーズンからの連勝記録をどこまで伸ばすか注目される。

 JX-ENEOSへの挑戦権(FINAL進出)争いもおおいに楽しみだ。昨シーズン2位に甘んじたトヨタ自動車が主力級の補強に成功。馬瓜エブリンをアイシンAWから、長岡萌映子を富士通から、三好南穂をシャンソン化粧品から獲得し、念願の初戴冠も視野に入ってきた。さらに、長年女子バスケ界を牽引してきたキャプテン大神雄子の「今シーズン限りで引退」という発表が、チーム全体のモチベーションにプラスになりそうだ。

 デンソーは7名の新戦力を加え、選手層に厚みを増した「ゼロからのチームづくりで、手応えはまだない」(小嶋裕二三ヘッドコーチ)とは言うものの、フレッシュな面々が“怖いもの知らず”で向かっていけば、予想を超える成長を見せるかもしれない。

 昨シーズンもケガに泣かされ、セミファイナル敗退で終わったシャンソン化粧品だが、「ケガ人を出さず、セミファイナルを乗り越えたい」という丁 海鎰ヘッドコーチの思惑通りに戦えれば面白い存在になる。「本川(紗奈生)も個人の目標がありますから、チームを引っ張ってくれるでしょう」(丁HC)という“個人の目標”はもちろん代表復帰。本川に限らず、世界をめざすためには、Wリーグでの活躍が不可欠となる。

 そういう意味では富士通も負けてはいられない。キャプテンを務める山本千夏や町田瑠唯、篠崎 澪ら代表経験組がおり、チーム成績アップが自分への評価に跳ね返ってくることは十分に理解している。この4チームに加え、三菱電機を加えた5チームが熾烈なFINAL進出争いを演じるだろう。

1発勝負のプレーオフへ
 今シーズンは12チーム3回戦総当たりで、「レギュラーシーズン優勝」を決める。その後、上位8チームによるプレーオフで最終順位(優勝、準優勝以下、8位まで)を決定するレギュレーションに変更された(9~12位はレギュラーシーズンの順位)。しかも、プレーオフはすべて1戦先勝方式、つまりは“1発勝負”。プレーオフに進出しさえすれば、「まさかの結果」もあり得る。どういう組み合わせになろうと、ケガ人の有無や試合当日のコンディションにより何が起こるかわからない。その意味でも、プレーオフは盛り上がりそうだ。

 開幕記者会見当日、引退を心に秘めた大神はこんなコメントをした。
 「ようやくバスケットボールのシーズンが来たということでワクワクしています。またWリーグのコートに立てるので、みんなが“Can’t Wait”の心境です」

 チームの優勝を目標に掲げ一生懸命頑張る選手たち。その頑張りが代表チームの強化に直結している。世界をめざす女子バスケットの鮮烈なプレーの応酬が待ち遠しい。

171002_37

WJBL オフィシャルサイト ⇒ http://www.wjbl.org/

=第19回Wリーグ 開幕カード=
2017年10月7日
山梨 vs JX-ENEOS 13:00@小瀬スポーツ公園体育館(山梨県甲府市)
新潟 vs 富士通 18:00@新潟市鳥屋野総合体育館(新潟県新潟市)
日立ハイテク vs シャンソン 14:00@ベイコム総合体育館(兵庫県尼崎市)
東京羽田 vs デンソー 15:00@片柳アリーナ(東京都大田区)
トヨタ自動車 vs アイシンAW 14:00@稲永スポーツセンター(愛知県名古屋市)
三菱電機 vs トヨタ紡織 16:30@愛知県体育館(愛知県名古屋市)
2017年10月8日(日)
山梨 vs JX-ENEOS 13:00@小瀬スポーツ公園体育館(山梨県甲府市)
新潟 vs 富士通 13:00@新潟市鳥屋野総合体育館(新潟県新潟市)
日立ハイテク vs シャンソン 14:00@ベイコム総合体育館(兵庫県尼崎市)
東京羽田 vs デンソー 14:00@片柳アリーナ(東京都大田区)
トヨタ自動車 vs アイシンAW 14:00@稲永スポーツセンター(愛知県名古屋市)
三菱電機 vs トヨタ紡織 16:30@愛知県体育館(愛知県名古屋市)