AKATSUKI FIVE 女子日本代表
国内最後の強化試合でまず1勝

2016年07月07日



文:羽上田昌彦/写真:吉田宗彦

DSC_5046

 AKATSUKI FIVE女子日本代表がリオ五輪前の国内最後の強化試合に臨んでいる。セネガル代表を相手に3戦を戦う「女子日本代表国際強化試合2016三井不動産 BE THE CHANGE CUP(7月大会)」がそれ。7月5日(火)、とどろきアリーナで行われた第1戦は81‐71で日本が見事勝利を収めた。

 試合開始直後から第1ピリオド中盤までは一進一退となり、一時はセネガルにリードを許したものの、残り3分25秒に#7栗原が2本目の3ポイントを決めて20‐19と逆転。その後は日本がスピードを活かした試合運びと、アウトサイドシュートなどで逃げ切った。

DSC_5207#7栗原三佳

 この試合、日本のスコアリーダーとなったのは栗原で、3本のスリーを含む16得点。インサイドで果敢に攻めた#8髙田も15得点と続いた。この試合で特に目を引いたのが、途中出場の#4近藤だった。第1ピリオド、早くも2ファールとなった#14本川の代わりにコートに立つと、思い切りの良いシュートを連発。3ポイントを2本決めて日本に良い流れを引き込んだ。

DSC_5951#8髙田真希

 当初は相手の長いリーチに悩まされ、いつもよりターンオーバーが多かった日本だったが、持ち味のスピードを活かしたオフェンスを披露できたのは収穫だったに違いない。

 ただし、最終的には3ポイントの確率が32.0%、2ポイントも43.5%にとどまり「シュートの精度を上げなければならない」(内海HC)という課題も残った。セネガルもリオ五輪の出場を決めており、日本との対戦も選手選考の参考になるとのこと。それだけに残る2戦もセネガルの選手たちは必死に食らいつてくるだろう。このような真剣勝負の場が、この先短い期間であってもチームアップにつながるはずだ。残り2戦のスケジュールは以下の通り。

〈大会名称〉
女子日本代表国際強化試合2016三井不動産 BE THE CHANGE CUP(7月大会)
〈対戦カード〉
女子日本代表チーム(16位)vs女子セネガル代表チーム(24位)
※カッコ内はFIBAランキング
〈日 程〉
◆7月5日(火) 日本 ○81‐71● セネガル
◆年7月8日(金) 会場:小田原アリーナ(神奈川県小田原市)
 19:30~  日本vsセネガル
◆7月9日(土) 会場:国立代々木競技場第ニ体育館(東京都渋谷区)
 17:00~  日本vsセネガル
◆大会特設サイト(JBA) ⇒ http://exhibition2016-07-women.japanbasketball.jp/