2チーム編成で「世界」に挑む女子日本代表
幸先の良いスタート!

2018年06月14日



文:皆人公平/写真:大澤智子

osawa_18-06-08_4

 2018年度の女子日本代表が発表されたのは4月5日で、メンバー表には52名の名前が記されていた。5月1日には第2次合宿の参加メンバーが発表になり、その時点で32名に絞られていた。その後、第3次合宿を終え、『FIBA女子ワールドカップ2018』を目指すAチームと、『第18回アジア競技大会』を目指すBチームの2つの“女子日本代表”に分かれての活動が始まった。チームは分かれたとはいえ、まだ「候補」のまま。「Bチームの選手がいい仕事をすれば、Aチームに引き上げます」とトム・ホーバスヘッドコーチが言うように、しばらくはトライアル期間が続く。

 そんな中、チャイニーズ・タイペイを招いての『女子日本代表国際強化試合2018 三井不動産カップ』が開催された。出場したのはAチームでメンバー以下の16名。

osawa_18-06-08_15

osawa_18-06-08_21

【女子日本代表国際強化試合2018】
日時:6月8日(金)19:30TIPOFF
会場:アリーナ立川立飛(@東京都立川市)

【スタッフ】
チームリーダー 高橋 雅弘(JX-ENEOSサンフラワーズ)
ヘッドコーチ トム・ホーバス(公益財団法人 日本バスケットボール協会)
アシスタントコーチ 恩塚 亨(東京医療保健大学)
アシスタントコーチ 知花 武彦(株式会社オンザコート)
スポーツパフォーマンスコーチ 松野 慶之(JBA)
ドクター 李 小由(公立昭和病院)
トレーナー 岩松 真理恵(JBA)
トレーナー 石山 静香(株式会社リニアート)
マネージャー 成井 千夏(JBA)
マネージャー 木村 絵理(トヨタ自動車株式会社)
テクニカルスタッフ 今野 駿(JBA)

【選手】
#0 長岡 萌映子(トヨタ自動車 アンテロープス)
#1 藤岡 麻菜美(JX-ENEOSサンフラワーズ)
#7 水島 沙紀(トヨタ自動車 アンテロープス)
#8 髙田 真希デンソー アイリス)
#10 渡嘉敷 来夢(JX-ENEOSサンフラワーズ)
#13 町田 瑠唯(富士通 レッドウェーブ)
#15 本橋 菜子(東京羽田ヴィッキーズ)
#17 三好 南穂(トヨタ自動車 アンテロープス)
#22 河村 美幸(シャンソン化粧品 シャンソンVマジック)
#24 藤髙 三佳(トヨタ自動車 アンテロープス)
#30 馬瓜 エブリン(トヨタ自動車 アンテロープス)
#39 赤穂 さくら(デンソー アイリス)
#41 根本 葉瑠乃(三菱電機 コアラーズ)
#52 宮澤 夕貴(JX-ENEOSサンフラワーズ)
#88 赤穂 ひまわり(デンソー アイリス)
#99 オコエ 桃仁花(デンソーアイリス)

【試合結果】
日本 ○96‐66● チャイニーズ・タイペイ
( 1st 28‐11 / 2nd 29‐10 / 3rd 16‐17 / 4th 23‐28 )

osawa_18-06-08_22

ビッグネーム不在はチャンス!
 今回の発表で驚かされたのが、2人のベテランの名前がなかったこと。吉田亜沙美、大崎佑圭はともにコンディションが整わず、メンバーから外れた(当日、渡嘉敷も体調不良で不参加)。ここ数年、女子代表の顔として活躍してきた2人がいなくなり、不安を感じたファンも多いだろう。しかし、ホーバスHCを中心に、アンダーカテゴリーのスタッフも含めて着々と若手の育成に注力していたこともあり、若手選手にとってはチャンス到来、力の見せどころ。「次の選手がしっかり埋められるシステム」(ホーバスHC)と力説するように、この日の試合は大差で勝利を収め、幸先の良いスタートを切った。
 スタートの5人(長岡、水島、髙田、町田、宮澤)は安定感があり、序盤からリードを奪い、ベンチから出てくる若手は思い切りの良いプレーでその差を広げていった。前半で57‐21と大差をつけ、興味は“トライアル”へ──この日はケガの影響でDNPの藤岡、根本を除き、コートに立った全員が積極的なプレーでアピールに成功したと言えそうだ。

osawa_18-06-08_24

大事なのは“気持ち”と“エナジー”
 試合後、ホーバスHCは記者会見で次のようにコメントした。
「出だしがすごく良かった。チャイニーズ・タイペイとは練習試合もやりましたが、その時はクロスゲームになってしまいました。それはエナジーが足りなかったからで、今日の(試合の)テーマは“絶対に気持ちで負けない”ということ。日本のバスケは気持ちで負けたら大変なことになります。毎回毎回、気持ちで負けないことは当たり前だと思います」

 記者との質疑応答は以下の通り(一部抜粋)
──公開練習の際、「日本のバスケがとても速くなって面白くなったから、ぜひ観てください」とおっしゃっていました。それは今日のバスケットでしょうか? それとももっと速い?
「もっと速い。前半は十分に速かったと思うけど、他の国(の関係者)も見ていますから、全部出さなかった(笑)。もっともっと面白いバスケットができると思います」

──今はトライアウト中だと思いますが、その中で(今日)良かった選手、手応えを感じた選手はいますか?
「良かったのはエブリン。オコエも面白い、ポテンシャルがあります。ひまわりも良いところがいっぱいありますが、もっともっとアグレッシブなプレーが見たいですね。いろいろできますから、あの身長で2番をやれば日本のバスケが変わると思います。本橋は判断がいい。ディフェンスも良かったと思います」

──トライアウトはいつまで続きますか?
「Aチームは8月になってもいいし、まだ決まっていません。ケガ人もいます。根本や藤岡はまだプレーしていません。2人は絶対にチャンスがあります。元気になったら良いチャンスがあると思います」

 次は8月5日(シティホールプラザ アオーレ長岡@新潟市)と7日(高崎アリーナ@群馬)にカナダ代表を迎えての国際強化試合が組まれている。世界に挑む女子日本代表の活躍に注目し、大いに期待したい。

osawa_18-06-08_81

【FIBA女子バスケットボールワールドカップ2018】
日 程:2018年9月22日(土)~9月30日(日)
開催地: スペイン/サンタ・クルス・デ・テネリフェ
予選ラウンド組み合わせ
グループA:カナダ、フランス、ギリシャ、韓国
グループB:アルゼンチン、オーストラリア、ナイジェリア、トルコ
グループC:ベルギー、日本、プエルトリコ、スペイン
グループD:中国、セネガル、アメリカ、ラトビア
大会オフィシャルサイト⇒ http://www.fiba.basketball/womensbasketballworldcup/2018

【第18回アジア競技大会】
日 程:2018年8月14日(火)~9月2日(日)
開催地:インドネシア/ジャカルタ、パレンバン
大会オフィシャルサイト ⇒ https://asiangames2018.id/