関西5クラブが初となる共同記者会見を実施
関西のバスケを盛り上げる意気込みを見せた

2016年07月25日



文と写真:羽上田昌彦

選手集合_2

 2016年7月20日(水)、大阪キャッスルホテル(大阪市中央区)において関西では初めとなる、「B.LEAGUE関西5クラブ共同記者会見」が行われた。参加クラブは主催した大阪エヴェッサに京都ハンナリーズ、滋賀レイクスターズのB1の3クラブと、B2からスタートする西宮ストークス、バンビシャス奈良の2クラブ。

 この日は最初に大河正明チェアマンが登壇し、「新リーグの未来」というタイトルで、プロスポーツとして、「バスケットボールが持っているポテンシャルの高さ」や「地元・地域と密着して発展していくアリーナ文化」の重要性をアピール。

 その後、5クラブの代表が順番に登壇し、大河チェアマンのアピールに即した形で、それぞれのクラブのスローガンや特長、これまでの取り組みや今後の展開などについて熱弁をふるった。最後に所属選手たちが登場し、今シーズンに賭ける意気込みをコメントし、記者会見は終了した。

大阪_2大阪エヴェッサ 相馬卓弥

 これまでクラブごとの記者会見は行われていたものの、このように一堂に会してというのは初めての試み。「これからも、このように関西5クラブが結束して活動する場を設けたい。関西でも大いにバスケを盛り上げたい」と語る関係者の熱い想いが伝わってきた。プロ野球やJリーグに加え、プロバスケットボールの結果が、関西のスポーツ紙の1面を飾る日が待ち遠しい。

全員_2前列左から 武田 隼(西宮ストークス 取締役フロント統括部長)/加藤真治(バンビシャス奈良 代表取締役)/安井直樹(大阪エヴェッサ 代表取締役)/大河正明(B.LEAGUEチェアマン)/髙田典彦(京都ハンナリーズ 代表取締役社長)/坂井信介(滋賀レイクスターズ 代表)
後列左から 谷 直樹(西宮ストークス)/平尾充庸(バンビシャス奈良)/相馬卓弥(大阪エヴェッサ)/田中大地(滋賀レイクスターズ)/佐藤託矢(京都ハンナリーズ)

■B.LEAGUE開幕前哨戦!! 関西バスケットボールCUP
会見に臨んだ5クラブのうち、京都ハンナリーズをのぞく4クラブがB.LEAGUEのルールで熱戦を展開する、“関西バスケットボールCUP”の開催が決定した。1回戦はいずれもB1クラブ vs B2クラブという顔合わせ。ここでしか見られない関西ダービーが楽しめる。ひと足先に、B.LEAGUEを体験しよう!

〈大会名称〉
関西バスケットボールCUP
〈参加クラブ〉
大阪エヴェッサ、滋賀レイクスターズ、西宮ストークス、バンビシャス奈良
〈日程〉
9月3日(土)
第1試合 14:00 大阪 vs 西宮
第2試合 17:00 奈良 vs 滋賀

9月4日(日)
第1試合 13:00 3位決定戦
第2試合 16:00 優勝決定戦

〈会場〉
府民共済SUPERアリーナ