レギュラーシーズンを制し
「B2昇格」ロックオン!

2018年03月29日



文:皆人公平/写真:©TOKYO HACHIOJI TRAINS

918 すでに先週(3/23)からスタートしている、B3リーグ「ファイナルステージ」。勝ち点争いで優位に立つ東京八王子トレインズは、ラストスタートで今シーズンの最終目的地、“B2昇格”へとひた走る。

 B3リーグのオフィシャルサイトには、= B2リーグとの入替戦を行う為、入替戦への出場を決めるにあたり、「ファイナルステージ」(6クラブでのリーグ戦)を行い、最終勝ち点およびB2リーグの資格を持ったクラブを推薦する=とある。ファーストステージ、レギュラーシーズンを終えた段階で八王子の勝点は「8.0」。2位の東京エクセレンスが「7.0」で追い、「5.0」で鹿児島レブナイズ、埼玉ブロンコス、大塚商会アルファーズが続く。ただ、現時点でB2クラブライセンスを保有するのは八王子と埼玉だけなので、八王子が断然有利な状況だ。

八王子 ジョーンズ001(チーム借用)

B3リーグオフィシャルサイト ⇒ https://www.b3league.jp/

  【ファーストステージ】  勝ち点
1位 東京八王子トレインズ 3.0
2位 東京エクセレンス 2.5
3位 鹿児島レブナイズ 2.0
4位 埼玉ブロンコス 1.5
5位 大塚商会アルファーズ 1.0
6位 東京サンレーヴス 0.5

 

  【レギュラーシーズン】 勝ち点
1位 東京八王子トレインズ 5.0
2位 大塚商会アルファーズ 4.5
3位 東京エクセレンス 4.0
4位 埼玉ブロンコス 3.5
5位 鹿児島レブナイズ 3.0
6位 豊田合成スコーピオンズ 2.5
7位 アイシン・エィ・ダブリュ アレイオンズ安城 2.0
8位 東京サンレーヴス 1.5
9位 東京海上日動ビッグブルー 1.0

3Pシュートで勝利に貢献!

 八王子がファイナルステージも強さを見せ、入替戦を経て悲願の「B2昇格」なるか? キープレーヤーの1人、地久里謙成選手に話を訊いた。

737

──レギュラーシーズンをふり返っていただけますか?
「キャプテンが代わるなど難しいチーム状況で、下位チームに負けることもありました。それでも、最終節を残して優勝できたのは良かったと思います」

──ご自身のパフォーマンスはいかがでしょうか? 満足できた部分と、物足りなかった部分両方お願いします。
「プロ生活3年目になりました。個人としてもチームとしても結果を出さなければならないと思っていました。『思い切りよく、積極的に得点を狙う』ところを求められていましたから、今シーズンはシュートの確率が上がり、いい結果に結びつけられたと思います。任されているのは“フィニッシャー”で、その役割を自分なりにしっかり理解し、その役目をこなそうとトライできたのが良かったです。外国籍選手との信頼関係が重要になりますが、その点は練習中から意識してコミュニケーションを取り、精度を上げていきました」

──1年目より2年目、2年目より3年目……成長したと感じるところは?
「得点は倍以上取れて、2ケタ平均になっています。ただ、3Pシュートの確率が目標に届いていませんから、次も4割以上の成功率(レギュラーシーズン40.5%、第3位)をめざして頑張っていきたいですね」

──ヘッドコーチからの信頼を受け止めてプレーしているわけですが、プレッシャーはあまり感じないタイプ?
「迷いなくしっかりシュートを打つ、高い確率で決める、というのが仕事というか役目だと受け止めています。シーズン中、『0点』『0点』が続いた時はさすがに心が折れそうでした(笑)それでも練習中から、ブレることなく自分の責任を貫き通すこと、日々の練習の積み重ねが大事だと取り組んだことで復調できたと感じています」

──明確な目標として「B2昇格」があります。クラブもチームもいい方向できていますね。
「それに合わせて応援してくださるファンの方も増えていますし、新しい方々が来場してくださっていて、チームとしても地元・八王子に愛されていると感じています。今日は出身地、鹿児島が相手でしたが、やりづらいというより、燃える思いがありました(笑)それがいいパフォーマンスにつながったと思います」

──天理大学の同期、相馬卓弥選手(島根スサノオマジック)は一足先にB1でプレーしています。
「そうなんです。いつか同じコートで対戦したいですね。オフシーズンは1カ月ぐらい一緒にトレーニングをしましたし、今年もオフには海外で一緒にワークアウトをやろうと計画しています。よく連絡を取りますし、刺激を受けています。今はB1とB3ですが、ここから下克上、早く追いつきたいですね」

──ライバルであり、友情も変わらない、切磋琢磨し合える関係なんですね。
「すごく近くに目標がありますから、モチベーションを高く維持できていると思います」

──ファイナルステージが残っていますし、その先にはB2昇格を懸けた入替戦もあります。
「スポナビLIVEでB2の試合を見ていますが、自分たちも戦えると思っています。インサイドは強いですし、アウトサイドのシュートも上手いので、やりようによっては勝てるはずです。応援してくださるみなさんの期待もありますから、その期待に応えられるように、ファイナルステージもしっかり勝ち続けたいと思います」