B3リーグ、大一番!
金沢、福岡の首位決戦!!

2017年04月27日



写真提供:B3リーグ161023KANFUK_057

 4月7日、B.LEAGUEは「B2・B3入替戦」を実施しないと発表した。その理由は、既報のとおりB2の2クラブ(東京エクセレンス、鹿児島レブナイズ)に、B2で戦うために必要な『2017-18シーズンB2クラブラインセンス』が交付されなかったからだ。ただし、B2は来シーズンも18チームの構成が決定しているため、B3から2クラブの推薦を受けるという(B2クラブライセンスを取得していることが条件)。

 本来であればB2最下位クラブとB3より推薦されたクラブが、一発勝負の入替戦で「残留か昇格か」を賭けて対戦することになっていた。B3のクラブにすればこの一年の集大成であり、応援を続けてきたブースターにとってもその思いは同じだろう。“勝って昇格を果たす”瞬間を共に喜び合いたかったはずだ。

161001SAIKAN_0474

 しかし、入替戦がなくなったからといって、「B3より推薦される」ためにはそれ相応の成績が必要となる。もちろん選手やコーチ、クラブ関係者やブースターなど、誰もが“我々こそB3で1番強い”と証明したいに決まっている──その大事な“首位決戦”がゴールデンウィークの4月29日、30日に北九州市で行われる『ライジングゼファーフクオカvs金沢武士団』だ。

 4/29(土)14:00 ライジングゼファーフクオカ vs 金沢武士団(@北九州市総合体育館)

 4/30(日)14:00 ライジングゼファーフクオカ vs 金沢武士団(@北九州市総合体育館)

 現在、ファイナルステージで6戦無敗と1位を走る金沢に対し、前節、大塚商会アルファーズに苦杯を喫した福岡は5勝1敗で2位。ただし、総合順位はファーストステージ、レギュラーシーズン、ファイナルステージの順位に合わせて配分される「勝点」で決まることになる。それでいうと福岡が「7.5」で首位、金沢が「7」で2位となる。それぞれ下位チームとの対戦が残るため、予断は許さない状況ではあるが週末の“首位決戦”が、今シーズンのランキングを左右することになるのは間違いなさそうだ。

161023KANFUK_068

 金沢が連勝してファイナルステージ1位を決め、シーズンランキングでも首位になるか、あるいは福岡が連勝してファイナルステージ1位を奪取するか、いずれにしてもB3最大の大一番である。この2クラブがシーズンの1、2位となれば問題なく「B3より推薦を受ける」と思われるが、あまりに不甲斐ない試合ぶりだと、「推薦はしない」という声が上がる可能性も……それはない!? 

 この週末は、B1、B2の試合結果も気になるが、B3が一足先に重要な試合を迎える。昨年、B2入りを逃して悔しい思いをした福岡、金沢の両チームには白熱した2連戦を期待したい。

161001SAIKAN_1182

※スケジュール等オフィシャルサイトより https://www.b3league.jp/
※全試合B3TVにて配信 http://b3tv.jp/

 4/29(土)13:00 東京サンレーヴス vs 大塚商会アルファーズ(@所沢市民体育館)

 4/29(土)18:00 埼玉ブロンコス vs 東京八王子トレインズ(@所沢市民体育館)

 4/30(日)14:00 埼玉ブロンコス vs 東京八王子トレインズ(@所沢市民体育館)

 4/30(日)18:00 東京サンレーヴス vs 大塚商会アルファーズ(@所沢市民体育館)

◆2016-17シーズンランキング
1位/7.5 ライジングゼファーフクオカ
2位/7.0 金沢武士団
3位/6.5 東京八王子トレインズ
4位/5.0 大塚商会アルファーズ
5位/4.0 東京サンレーヴス
6位/2.5 埼玉ブロンコス
7位/2.5 アイシン・エィ・ダブリュ アレイオンズ安城
8位/1.5 豊田合成スコーピオンズ
9位/1.0 東京海上日動ビッグブルー

161023KANFUK_591

◆2017-18シーズン ファイナルステージ
1位 6勝0敗 金沢武士団 
2位 5勝1敗 ライジングゼファーフクオカ
3位 3勝3敗 東京八王子トレインズ
4位 2勝4敗 東京サンレーヴス
5位 1勝5敗 大塚商会アルファーズ
6位 1勝5敗 埼玉ブロンコス
※2017/4/24現在